中原区民交流センター公式サイト Webなかはらっぱ
ホーム 活動分野で探す 利用者の立場で探す 地域で探す
ホーム > 特集 > 1月のまちづくりサロン開催報告
1月のまちづくりサロン開催報告

 2015年1月14日(水)は「エコ石けんセミナー〜Co2削減は台所から〜」をテーマに開催しました。講師は、かわさきかえるプロジェクト代表:伊中さん、田中さん、谷津さんでした。
    
 始めに、伊中さんの説明で「活動の紹介」「石けんの基礎知識(汚れが落ちる仕組み〜)」「合成洗剤と石けんの違い」「界面活性剤の成分」等を教わり、アジを使った実験ビデオでは、水槽に合成洗剤を投入の3分後には動かなくなってしまう様子を見ました。石けん水のアジは元気に石けんカスを食べているので驚きました。
 廃食油からは石けん以外にバイオディーゼル燃料(BDF)を製造し、エコバスを走らせています。これは、川崎市においてエネルギーの地産地消や地球温暖化対策の取り組みにもなっています。

 次に、石けんマイスターさんのリサイクル石けん(きなりっこ)や重曹を使った実演。油汚れや茶渋、水洗いできないコンセントのコードなどを、簡単に綺麗にしてしまう使い方を教えていただきました。

 12月に予定していたテーマでしたが、都合により1月になり、参加者の少ない講座になってしまったことがとても残念でした。もっと多くの方々に知っていただきたい内容ですので、ぜひ又別の機会にご講義をお願いしたいと思いました。(記:内ケ崎)

★かわさきかえるプロジェクトさんの「使用済み天ぷら油回収」は、毎月第1水曜日午前9時から12時まで、中原区役所5階“なかはらっぱ”で行っています。

★2月のサロンは、祝祭日にあたる為、お休みいたします。3月は、なかはらっぱ窓口担当団体さんの意見交換会を予定しています。

 
   

配布資料「かわさき かんきょうかえる」の解説。
今年は、ごみ収集車も
BDFで走らせたい!
廃食油とは、使用済み天ぷら油(植物性)をさします。
廃食油→→BDFへ
鯵を使って合成洗剤と石けんの安全性の違いを実験したビデオを 見ています。
石けんマイスターの実演です。「きなりっこ」を水に溶かし泡立て→油汚れのお皿にこすりつけ→水洗いします。
青いビンには重曹、隣にクエン酸〜 それぞれの特技!?を活用してきれいに!!
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ

中原区まちづくり推進委員会公式ブログ なかまちブログ

Copyright(c) Nakahara Ward All rights reserved.